FC2ブログ

映らなかった虹(泣)

1272

1289


全っっっ然っ伝わりませんね!
キラキラが・・・美しさが・・・っ
ホントに申し訳ございませんっ(T_T)
レインボースキャポライトのルースです。
カボションの全体にストレートなラインが入っていて
一見地味なのですが
自然光の下で見るとそのラインがレインボーカラーになって
ホントにキラキラとみずみずしく輝く
とても鮮やかなルースなのです。実物はっ!
けっこう数年前からチェックしてて、3個だけ持ってたのですが
ご覧のありさまで、今までアップできず・・・(もうあきらめました
LEDライトやペンライトを当てても雰囲気の違うカラーに
なるそうですが、これもまた玉砕いたしました(泣)


1284

1283

1288

0367

産地不明


あと、全然関係ないのですが
一番小さなレインボースキャポライトのルースを
購入した際に、一緒にお迎えしたシヴァ・アイのルース↓

1293

巻貝が化石化したルースです。
もっと模様がぐる~んとうず巻いてるタイプのが欲しかったのですが
その時はあまり置いてなくて・・・
インドの神様の目の名前がついたルース。
神様の目というより、ドール・アイとか成型前の義眼のような
雰囲気がありますね、このルースに限っては。
また好みのを探したいです。



1294

なにがかわいいって、ひっくり返すと
バカボンのほっぺた~(笑)



「石臼珈琲」さん

妹の住む地域の近くの商店街に
おもしろそうな珈琲店ができてたというので
連れて行ってもらいました

1253

こ・・・この店構え・・・
定食屋さんとかお豆腐屋さんみたいだけど
珈琲店なんだな

看板を見ると予約制のようなので
無理かな~?と思いつつ
妹がおそるおそる中に声をかけると
「今だれもいないので、どうぞ」と男性が
「接客中」と書いた看板にひっくり返して
中に入れてくださいました
一組だけの接客なのかな~(°_°)



1254

1255

中もこれまた喫茶店という感じではなく
「スタジオにしか見えないんですけど・・・」というと
「スタジオですよ」と、ケロっと返ってきました
デスヨネーっ(^_^;)

店主さんの本業は広告写真家だそうで
コミュニケーションツールとして珈琲店という
形をとったのだそうな



1256

ずらっと珈琲豆

お客さんから好みの珈琲の味とかイメージを聞いて
その場でレシピを考えて淹れてくれるんだそうです



1258

石臼でご~りご~り
で、刷毛で珈琲豆をさらう
左官屋さんの仕事を見てるようだ
しつこいようだけど、珈琲店だよね、ここ・・・



1259

さすがにアーティストなだけあって
珈琲へのこだわりが半端ないです
左官屋さんに次いで
なんか理科の実験でも見てる気分でした
ビーカーとかあるし(笑)



1261

チョコレートと一緒に
美味しいコーヒーをいただきました

メニューがなかったので
「おいくらですか?」と聞くと
「無料ですよ」とびっくりなことをおっしゃいます(゚д゚)
「えぇぇぇっ! 手間のかかった美味しいコーヒーを
いただいたのですから、さすがにタダというのは申し訳ないです!」と
言うと、「ではカンパでという形で」とのことでしたので
相場のお代を置いて、おいとまいたしました(*^_^*)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鉱物の写真って本当むずかしいですよね シャッター押すわずかなブレでもかわっちゃいますもんね でもきれいなルースですね

>モーリさん

モーリさん、こんばんは~(*^_^*)

そうでなくても写真撮るのド下手なのに、うちはさらに自然光がほとんど入らない
日当たりの悪い部屋なので、このルースを撮るのには絶望しかありませんでした^^;

でも、ホント、地味ながらもとてもキレイな石なんですよね。

ラティスかと

スキャボライトでしたか。
赤い線みたいな模様でラティスサンストーンかと思った。ラティスサンストーンも目で見た様にラティスが映らなくて〜😖。
先月春分の日前日、食も細くなった爺ちゃん黒猫が虹の橋に行きました。
喜んで食べてたちゅ〜るも口にしなくなり獣医に連れて行ったら最近の寒さで体が冷えてるから温めて数日様子見て異変あったら連れてきてと言われ、点滴と注射して帰宅。
何回か苦しいのか寂しいのかアゥ〜と唸ってた数時間後逝ってしまった。はなちゃんと同じ享年16歳。帰宅しても誰も居なくて寂しいです。買ってきた黒猫ぬいぐるみを抱きしめて代用してます。

>ブランフェムトさん

ブランフェムトさん、こんばんは~(*^_^*)

はい、スキャポライトでした(笑)
ラティスサンストーンより更に全く虹が写せなくて、地味としかいいようのない写真に
なってしまいました・・・(T_T)
光の下で見るとラティスサンストーンよりさわやかでキレイなルースなんですけどね~。

あぁ・・・黒猫ちゃん、虹の橋を渡ってしまったのですか・・・。
それは本当につらくて悲しいことでしたね。
黒猫ちゃんの最期、ホントにはなと状態が似てて、ブランフェムトさんもあの時の
自分と同じ辛い思いをされたのかと思うと、ホントに胸が痛みます。
はなと同じ16歳で、同じ春に見送ったのですね。
はなは昨日でちょうど見送って5年がたちました。
愛猫がいなくなった寂しさは時間薬でしか癒せないと思いますが、黒猫ちゃんは
ブランフェムトさんという愛情深い飼い主さんと一緒に過ごせてしあわせだったと
思いますよ。
ねこちゃんのご冥福をお祈りいたします。
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム