FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見通す瞳

7152


スリランカ産のサファイアです。
ブルーとカラーレスの透明度の高いくさび型の結晶です。
硬度の高さを誇る美しい結晶が、
背筋を伸ばしたように佇む姿は
常人とは違う世界を見通すことのできる
特別な瞳の持ち主のようなイメージがあって、
凛とした冷たいその瞳に
凡人はどうにも引き寄せられてしまうのです。


7151

7153

Ratnapura, Sri Lanka



なかなか更新できないうちに
いつもより遅咲きだった今年の桜もそろそろ葉桜になり
散り始めてますが
4月7日の命日から二日遅れで行ったはなのお墓参りでは
ちょうど満開でした

先日、友達から
「昨日、花ちゃんのことをフッと思い出してたの」
というLINEをもらったのですが
その「昨日」というのが、はなの命日だったので
ちょっとびっくりしてしまいました
友達にそのことを伝えたら、友達もびっくりしてました

わっがままなコだったから
「ほら、今日ははなのこと思い出して!」と
友達にも念を送ってたのかな~、と(笑)

親ばか全開で
いつも
「はなは世界一か~わいい
はながい~ちばん
はなよりかわいいコ、他に見たことな~い!(あるけど)
と言っていたので
「いつもはなを見てて!」感が強いコだったような
気がします(笑)

見送ってもう4年がたったけど
今もちゃんとはなを見てるよ~(*^_^*)


hanana

時々入れ替えるはなの写真ですが
たまには飼い主とのツーショットも・・・と

こんなラブラブな時代もありやんした(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うちの故ビー姐さん

3年前のGW中のメーデーに闘病中だった推定13歳だったビー姐さんが虹の橋に逝きました。
数年前の秋から夏バテと首の皮膚病がきっかけで投薬開始。
夏バテは治ったけど皮膚病(かさぶたを爪で掻き壊さない様にと私がほぐしてたら逆効果で余計治らなくなり)は化膿したりして中々小さくならず。
白猫だから耳縁に霜焼けになり首と耳縁に獣医で処方して貰った軟膏塗ったり 真剣白刃取りみたいに前脚で抑えるのを遮って錠剤をあげたりしたけれど 飼い主同様色気より食い気?だったビー姐さんは亡くなる数週間前には自力でカリカリをたべれなくなり缶詰とペーストをあげ。
体重も減りヨロヨロになっても 後輩猫フェムトが私の膝に座ってるのを見て「そこは私の場所、退け‼︎」とばかりにシャーと威嚇してフェムトを追い払った後に座った事が一度有り。体力無いのによくその気力があったなと意外だった。
私もビー姐さんに 可愛いねと声かけして甘やかしてたから気の強い猫になっちゃった(笑)。
時々ビー姐さんを思い出したり夢に出て来てよと思うけど一向に出て来てくれない。

>ブランフェムトさん

ブランフェムトさん、こんばんは(*^_^*)

ブランフェムトさんのところのビー姐さんも厳しい闘病生活をされたんですね(;_:)
状況を想像すると泣きそうになりました。
多頭飼いあるあるなエピソードも、晩年の行為だと思うと切なくなりました。うう・・・
元気な頃なら「ビー姐さんは焼きもちやきだな~」って苦笑エピソードなのにね。
ブランフェムトさんのHNは後輩猫ちゃんのフェムトちゃんと関係してるのかな?

私もはなの夢は数えるほどしか見てないですね~。
不思議だなぁ~
虹の橋のたもとで元気に遊んでてくれるなら、それでいいんですけどね(笑)

二匹の名前

HNはビー姐さん(本名はフランス語の白の意味のBlancから通称ビーと呼び)のブランと後輩黒猫のフェムトをくっつけました。ちなみにフェムトは漫画のキャラから。
厳しいけど仲悪いわけでなく二匹で並んで日向ぼっこしたりお互い舐め合ってたりしてたから、ヤッパ母であり姉であり恋人?だったビー姐さんが居なくなって後輩黒猫のフェムトは寂しいのかおしゃべり増えたり甘えん坊になりました。
ビー姐さんは冬は生前寝る時布団中入れろと催促するから入れてやり、私の胸の上に乗ったビー姐さんのお腹をマッサージするとヤメロとばかりシャーと唸り噛む仕草をするから布団から追い出したけど、それも無くなるのかと思ったら それまで布団中に入らなかったフェムトが私のツムジあたりを前脚でトントンと合図して布団中に入れて、とする様になり。
長居はせず3分以内にソソクサと出て行ってしまう。
お前はウルトラマンか⁉︎とツッコンでしまう(笑)。
もしかしたら、生前ビー姐さんに私の代わりに布団中に入れよ!と教えを受けてたのかもと思うここ数年です。
神経質だったビー姐さんは皮膚病が完治せず逝ってしまったけど健康だと思っていたフェムトも一昨年春に食欲落ちて痩せ、診察したら肝臓数値が基準値の倍あり、腫瘍があるかもと言われ投薬開始。
若い頃は6キロ位だったのが4キロ切り今は3.6キロ、背中がゴツゴツに。
療養食やペーストのおやつをあげると食べてくれる。
2種類の錠剤を飲ます時は逃げる(の割に隣部屋の定位置に止まっでるから遊んでるつもりなのかもしれない)けどビー姐さんより長生きしてくれと願ってます。

>ブランフェムトさん

ブランフェムトさん、こんばんは(*^_^*)

ああ、そうでしたか。
ブランさんとフェムトさんを合体させたお名前だったんですね。
愛猫さんたちに対する愛を感じます~。
エピソードもとっても微笑ましいですね。
先輩猫さんは後輩猫さんにバトンタッチするつもりでいろいろ指導してたのかな♪

フェムトさんは膵臓が悪いのですね・・・
膵臓はホントに痩せちゃうみたいですよね。
うちのはなも膵炎で本当にがりがりになってしまって、とってもかわいそうでした。
愛猫が痩せ細る姿を目の当たりにするのは辛いですよね。
飼い主としてはできるかぎりのことはしてあげたいし、苦しい思いをさせたくないですよね。
なるべくフェムトさんがおだやかな気持ちで日々を過ごせるように私もお祈りします。

No title

これこそまさにコランダムっていう形でそのままレコード針に使えそうですよねw てか今はCDのレーザーですね やっぱりブルーの王様って気品がありますね

はなちゃん4年も経つんですね でもそこにいた証はずっと消えないですもんね^^ もう毛とかでてきませんか?

>モーリさん

モーリさん、こんばんは~(*^_^*)

典型的なコランダムの焼き芋型ですよね。
これはちょっと冷たい感じのするブルーだったので惹かれて購入しました♪
やっぱり青がコランダムの王道なのかな?ルビーは置いとくとして。
それにしてもレコード針って、また意外な角度から(笑)^^;

そうなんですよ~。
私も、自分の勘違いかな、2年か3年の間違いじゃないかなって思ったんですけど
うそみたいですが、4年たってました。月日の流れってオソロシイ・・・
さすがに毛はもう見当たらないですね~。
亡くなったときにひとふさ切り取って箱の中に閉まってるのを、時々開けて見てます(*^_^*)
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。