FC2ブログ

ボヘミアの思い出

7178


チェコ産のカルサイトとパイライトの共生標本です。
鉱物自体は割とありきたりなのですが、このバランスにひとめぼれ(笑)
石友さんたちが生ぬるい笑顔で「好きそう~」と同意してくれたのは、多分
これとかこれとかこの辺あたりの似たような景色の標本に
私がやたら食いついてしまうことをご存じだからだと思います^^;
ヤドリギ系で、パラパラと結晶が点在してるのが好きなのです。
この標本もパイライトがたくさん集合している二枚目の写真より
一枚目の写真の方が好みで、私的にはこちらが正面です(*^_^*)


7177

Pribran Central Bohemia Czech Republic

↑ボヘミア、チェコ・・・とラベルを写しながら
ボヘミアというと、「モルダウの流れ」を思い出すな~と・・・

はるか昔の中学生の頃、
文化祭の出し物での合唱コンクール的なもので
三年生になったら「モルダウの流れ」を歌う、というのが
定番だったんですね (どの学校でも鉄板かな(^^♪)
で、わたしはこの曲が大好きで、歌うのを楽しみにしてたのに
三年生になってから
わたしたちのクラスに割り当てられたのはモルダウではなく
「空駆ける天馬」だったのです
なんかやたら元気のいいクラスだったみたいで、モルダウより
天馬の方がイメージに合うとかなんとか先生が判断したみたいで・・・
ショックだったなぁ~(´;ω;`)

今でもたま~に思い出して日本語バージョンのを動画サイトで
聴いたりするんですけど、わたしが当時聴いてた歌詞は
「ボヘミアうるおす河よ ゆたかな流れモルダウ」だったのですが
どの動画を見ても
「なつかしき河よ モルダウの 清き流れはわが心」とか
「ボヘミアの河よ モルダウよ 過ぎし日のごと今もなお」
とかなんですよね
こっちが主流みたいで
わたしが聴いてたバージョンが全然見当たらないんですけどっ
マイナー歌詞だったのかな・・・(´・_・`)

この違う歌詞のせいで、思い出に浸れるようで
微妙に浸れないのでした(笑)

※momoさん、拍手コメントありがとうございます(*^_^*)
 無くなってたらショックで悶絶、あっても葛藤して悶絶ですね~(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひいらぎさんの好きそうなパターンですね^^ これはまるでティラノサウルスの歯に食べかすがくっついてるかのような いやあまりに失礼な例えで失礼しました<(_ _)> 冗談はさておきこういう共生標本は特に鉱物の不思議さを感じますよね 素敵です

>モーリさん

モーリさん、こんばんは~(*^_^*)

>ひいらぎさんの好きそうなパターンですね^^

あ、やっぱりバレてました?(笑)
あんまり同じような形状のにばっかり手を出さないでおかないと・・・と思うのですが
でも、鉱物の組み合わせが違うし!と自分に言い訳したりして、ダメダメですね^^;

>ティラノサウルスの歯に食べかすがくっついてるかのような 

思いもよらないような角度からの指摘~!(笑)
かすりもしないイメージでした!おもしろいですね~!(^^)!

たしかにこういう共生ものって、だれかが創造したんじゃないだろうか・・・って
思えるくらいの造形美を感じますよね。
不思議だし惹かれます、ホントに(*^_^*)

モルダウとイスラエル国歌

サイト検索中見つけたけど、モルダウ〜とイスラエル国歌は元にした曲が同じだから物悲しい曲調が同じだとありました。
モルダウ〜は昔テレビで〇〇交響楽団の演奏会CMで聞いた事あるアレかな〜、な知識しかないですが。

>ブランフェムトさん

ブランフェムトさん、こんばんは~(*^_^*)

>モルダウ〜とイスラエル国歌は元にした曲が同じ

えぇっ! そうだったんですかっ それは知らなかったです(・_・;)
なぜにイスラエル・・・気になるので私も後で検索してみますね。
教えてくださってありがとうございます❤

どこの学校でもモルダウ~あたりは必須なのかな?って思ってたんですが
ブランフェムトさんのところでは習わなかったんですね。
学校によって選曲は異なるようですね(^o^)
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム