ローズカットサフィレット

ローズカットダイヤモンドに憧れます。

主流のブリリアントカットのダイヤと比べると
カット数が少ない分、ダイヤ特有のギラギラの輝きは足りませんが
ローズカットはよく水の煌めきに例えられ、みずみずしい美しさです。

アンティークカットなので、もちろんアンティークジュエリーでの方が
よく見かけますが、ファッションジュエリーとして好きな人も
一定数いるそうなので、そんなに数は多くないかもしれませんが
取り扱ってるお店がありますね。

きれいだな~、いいなぁ~、と思っても
庶民の私にはボリュームのある天然石は買えないので
サフィレットグラスの方でも
ローズカットで探してしまうのでした。


3425

3420

やっぱり古いデザインのアクセサリーに合いますね。
上品なデザインでブルーのシラーも美しいです。



3424

いつものように、
おっきいサイズはヴィンテージグラスで心を慰める私。
いいんだい、キレイだし・・・^^;


ちなみに

3413

天然石のローズカットジュエリーだと
とたんにサイズダウン(笑)



3428

ダイヤのネックレスとピンキーリング。
みずみずしい雰囲気がステキだと思ったので
18Kホワイトゴールドで作ってもらいました。
ピンキーリングはツタからこぼれる雫のようなイメージで
デザインされたそうです。



3433

3432

ブルーサファイアとホワイトトパーズのペンダントトップ。
ミル打ちデザインが好きです。

ホワイトトパーズはダイヤだとおっきいサイズで買えないので
代用として購入したものなのですが、あたり前ですが、
同じクリアな石で同じローズカットなのに
ダイヤとトパーズだとやっぱり全然違うんだな~という印象でした(笑)



パンカフェ「フィセル」さんに

3402

ランチを食べに



3399

パン屋さんなのでパンランチを食べたかったのですが
出遅れたため売り切れで、野菜カレーのランチを

「ライスではなくパンになりますがよろしいですか?」と訊かれ
「はーい」とふつうに返事して待ってたら
ナンではなくバゲットだった
そうか、パン屋さんだもんな・・(笑)



3401

レトロなインテリアがかわいい店内
店員さんもすごく感じのいい人たちばかりです

パンはもっちもちですごく美味しいので
何種類か買って帰りました



3410

ひさしぶりにココア専門店の
「アカイトリ」さんへ



3409

3407

昭和48年から続いているという
老舗のお店



3404

お店の定番、バーディココアを注文しました

いつもはホイップクリームは入れないのですが
この日はちょっと歩き疲れてたので
少しだけ入れて飲みました
優しい甘みが五臓六腑に染み渡る~(笑)

右の赤い本は
このお店にくると必ず手に取る
赤い鳥社出版の復刻版、
西條八十の詩集「鸚鵡と時計」です

このお店のココアとこの本は
私の中でセットになっていて
「薔薇」「幌馬車」などの詩がとても好きで
何度も読み返してしまいます

家で読むのではなく、ここで読むからこそ
なおさら好きなんだと思います


スポンサーサイト
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム