原石とルース・16

0611

0622

0617


あまりにメジャーすぎて、かえって忘れて出しそびれていた
英国・ロジャリー鉱山の強蛍光性のグリーンフローライト。
ルースと両方持ってたんだと思い出して、この際なので並べて
アップしてみました。
原石はもっとゴージャスなクラスターが出回っていますが この子の
結晶の美しさで十分満足してしまって、以降食指が動いていません(笑)
フローライトのルースって、硬度の問題でジュエリー向きではないからか
カボションやタンブルでは見かけても、きちんとファセットカットされたものは
あまり多くないですね、人気がある石のわりに。
コレクターストーンとして小規模に流通しているだけなのでしょうか。
有名な産地のフローライトが、キレイなカットストーンとして生まれ変わった姿を
見ると、なんだか新鮮味を感じて「うわ~」と見入ってしまったのでした。


0606

0615

Rogerley Mine, Frosterley Weardale, North pennines, Co. Durham, England
ルース:0.67ct



「佐伯祐三とパリ」

DCIM0054+(3)_


もたもたしてると終わってしまいそうだったので
近くに行った時に観てきました

日本人の画家に興味を持ったのも
日本人画家の画集を買ったのも
佐伯祐三が初めてでした
実家に置いてきちゃってますが・・・

ユトリロみたいなパリを描く画家さんだなぁ~
という印象だったのですが
やっぱりバリバリ影響を受けていたそうです

30歳で夭折されました

久しぶりに彼の絵を堪能しました


佐伯祐三



ねこ草

昔は豪快にわっしわっしとかじってたのに
最近は「どうやって食べたらいいのかわかんない・・・」
といった感じで、食べたくても食べれない様子で
ねこ草の前に座って途方に暮れてます

なんでっ? いまさら?(T_T)

0407

しかたないので
「いいこ、いいこ、ほれ食べてみ?」
と、撫でながらうながすと



0402

はぐ・・・あぐ・・・

と、それは食べ辛そうに もたもたと
へったくそに食べ始めます



0412

「そうそう、その調子~」と
褒めながら食べさせるも



0411

ズル~・・・

草を上すべり



0408

は~な、もっと食べんと~

「もうタベナイ・・・」




0409

「・・・

上手に食べれないので
すねぼんになってしまいます


スポンサーサイト
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム