FC2ブログ

スモーキーとセプター

0872

6665

7172


透明感のキレイなスモーキーアメシストと
形状のかわいいセプターアメシスト。
どちらもちょっとめずらしいジンバブエ産のものです。
前者をCWさん、後者をキーズさんの即売会で購入しました。
魅力は全然違う方向を向いてますけど
どっちもジンバブエのアメシスト。
同じくらいとってもお気に入りです。
水晶に特に思い入れがあるわけではないのに
なぜかアメシストには妙に弱いのです、昔から。


6649

Zimbabwe


7171

Kahore Mine near Kaori, Mashonaland West Zimbabwe



髪を切った
ようやく切った・・・

長期間放置で、もっさりロングのまま
約一年ぶりに行きつけの美容師さんのところに
行ったら
「長っ! がんばって伸ばしてたん?」と聞かれ
「ううん、勝手に伸びた」と答えたら
オーノー(ひたいに手のひら当て)状態で呆れられました^^;
こんなになるまで放置って女としてどうよ・・・と、自分でも思ってました(笑)

とりあえず10cmくらい切ろうかってなったけど
10cmごときでナニが変わるのかってくらい
落ち武者みたいな腰までロングになってたので
けっきょく20cmほど切ってもらいました
それでもセミロングというよりは
ミディアムロングくらいの長さだそうですけど
いやぁ~、すっきりした!軽い軽い~♪

毎回、カット後はとても軽やかな気分になって
シャンプーも死ぬほど楽になるってわかってるのに
なぜかなかなか切らない

ある程度長くなってくると
腰くらいまで伸ばさないと気が済まない変なクセがあるようで
我ながらなぜにそんな苦行を・・・とあきれてるんですけどね~(^_^;)
ようやく解放されました(笑)


0871

カット後に寄った「自然食堂かふう」さんで
養生ごはんセットのランチ♪
美味しかった♪


スポンサーサイト

麗しのきのこちゃん

7098

7094


私には分不相応な身分の方だわ・・・と思いましたが
あまりのかわゆさと清らかさにノックアウトされて
奮発して購入しました、オーストリア産のセプターアメシストです。
実物は写真の何倍も美しいです。
アクリル台に貼ってある「8」という数字は欧州のミネラル倶楽部が
うんちゃらと説明を受けたはずなのですが、結構時間がたってしまったので
トリ頭の私は忘れてしまいました・・・(T_T)
(今度お会いした時にもっかい聞いとこう・・・)
なんだろ、立派なとこから来てくださったのね・・・というのは
なんとなくわかりました(笑)
ずっと見てても見飽きることのない美形のキノコちゃんたちです。


0433

0440

0443

Zemmgrund, Zillertale-Alpen, Nordtirol, Osterreich
Ex, A.Watzl Sr Coll.




夏の疲れが出たのか
季節の変わり目にヤラレたのか
気が抜けたように先日の三連休に風邪をひいてしまい
今だにグズグズしてます・・・(T_T)
休みなのにどっこも出かけられませんでした
ま、天気悪かったのが救いだわ・・・!と
レジャーを楽しもうとしてた人たちを敵に回すような
思考で不健全そのもの
いけませんね~(-_-;)

前回に引き続き体調面でグズってるので
次は明るい話題を出せるように気をつけたいと思います(笑)


※ momoさん、拍手コメントをありがとうございました(*^_^*)
  はい、かろうじて生きてました~(笑)
  気にかけてくださってありがとうございます!

※ hさん、お久しぶりです!
  またコメントをいただけてとても嬉しかったです。ありがとうございます(*^_^*)
  「古代遺跡の扉を開く鍵」という表現に、おぉぉぉ~!と、夢の世界へ旅立ってしまいました!
  hさんの住まれてる地域は結構涼しくなってきたのでは?
  風邪ひいた~と愚痴ってる私が言っても何の説得力ありませんが、どうかhさんも
  体調を崩されませんよう、ご自愛くださいませ。



ひらひら舞う小魚

4938

4931


ブラジル産のカコクセナイト入りアメシストです。
ルースと一緒に。
原石は小魚がすいすい泳いでいるようなかわいい風景に惹かれて
購入しました。
ルースの方は、ごっごっ!と筆書きしたような大胆なインク具合が
原石とは雰囲気が違いますが、気に入ってます。
アメシストのカラーも涼やかで濃淡があり、カコクセナイトの
アクセントが映えるんですよね。
原石とルースをそろえて見比べるのが好きです。


4941

4946

ブラジル リオグランデドスル
ルース 3.93ct




恒例の難波神社での「おもしろ作品展」に
今回も行ってきました

6235

相変わらずルース目当てではありますが
作家さんの作品を拝見するのも
とても楽しいです



6236

ルースを三個だけ購入
探してたルースが見当たらなかったので
それならあきらめて出ればいいものを
やっぱり好きな石を買い足してしまうんですよね~^^;

つい最近アップしたばかりのマグネシウムアキシナイトのルースが
タイムリーにいくつか出品されてたので
これも原石と見比べたいなぁ~と思ったのですが、グッとガマン・・・
スフェーンのルースも懲りずにあやうく手を出しかけましたが
これまたひたすらグッとガマン・・・
(あのキラッキラの魅力を目の前にして振り切る労力ときたら・・・! くっ・・・

予算がとっても少なかったので
手にとっては戻し、手にとっては戻しの繰り返しで
いったいいくつのルースをあきらめたことか・・・(T_T)

でも
ネパールカイヤナイトさんでひとめぼれしたカイヤナイトは
ちょっとイレギュラーな色彩ですが、とても美しくて
見つけた自分よ、グッジョブ!って気分でした(*^_^*)

キレイなルースをいっぱい見ることができて
しあわせなひとときでした


初心、よみがえる

5866

5870


連休前に、三木笙子さんの鉱物がキーワードになっている物語を読みまして
紫水晶とか虫入りの琥珀とか翡翠とかが出てきたんですね。
読んでる最中から「あぁぁぁ・・・紫水晶が見たいぃぃっ」とムズムズしており
できれば国産の色の深い美しいアメシストを・・・と思っていたのですが
国産のでそんな深い色のものは持ってなかったので、海外のでだと
どれがまだイメージが近いかなぁ、と、ごそごそと棚の中を探してみたところ
このブランドバーグ産のアメシストに目が止まりました。
ホントはマダガスカル産のアメシストの方がもっとイメージに近かったのですが
すでにアップ済みだったので・・・
その物語には、鉱物の基本的な説明をしているセリフがいくつか出てきたりして
読み進めていくうちに、改めて鉱物の魅力を再認識してとてもドキドキしました。
コレクション初期のころに感じた新鮮な感動だったり驚きだったりが、いつのまにか
当たり前になってしまっていて、ずいぶん鈍化してしまってたんだなぁ~と。
そうだった。
こんなにも奇跡的な美しさだったんですよね、鉱物って。


5868

5871

Brandberg Mountains, Namibia



シルバーウィークは晴天が続きましたね
ちょろっといなかに帰ってきました

5884

5883

5889

秋の野の花がキレイでした



5886

風情のある小道
お墓参りの際に



5887

電車の中からもよく見かけた彼岸花
畑とか田んぼの端っこにかたまって咲いてますね
独特の美しさがあって好きです



5875

ともだちとお茶しに向かった高原は
キャンプ場になっていて
テントいっぱいでした

みんなアウトドア好きなんだなぁ
わたしは苦手だったけど(笑)



0240

この空は何日か前に見た夕焼け
琥珀のように美しかった


埋もれっ子

4247

4233


マダガスカル産のアメシストです。
かなりスモーキーなアメシストで、ふつうに見るとずず黒くてパッとしない
暗い印象なのですが、これって もしかして・・・と光にかざして見てみたら
ぽわ・・・と美しいまやかしが棲んでいそうな、幻想的な空間が現れました。
ポイントの形状も出来そこないっぽいので、ホントに見落としてしまいそうな
地味子ちゃんでしたが、「キミの美しさはちゃんと見抜いていたよ・・・ふふふ」と
芸能プロのスカウトマンのような気分でホクホクお持ち帰りしたものです(笑)


4238

4237

4250

Madagascar



今年のお盆休みは雨が降ったり止んだりの
ぐずぐず天気でしたが
いつものように田舎に帰省していました

そんな微妙な天気の中
土倉鉱山跡を見に行ってきました

完全に偏った趣味に、友達を頼るのはさすがに気が引けて
車の運転をチチウエに
ナビを妹にお願いして(自分でナビを見ると酔うので
身内を使ってしまいました

どんどん人里離れた道に入っていき


4184

ちんまり立っていたこの看板を
最初がっつり見落としてしまい
左に写っている道をひたすらまっすぐ走って行ったら
長いトンネルが現れ、トンネルを抜けたら
岐阜県の看板がどどーんと現れて
「こことちゃう~~!行き過ぎたーっ!」とUターンして
もたもたして、ようやく妹が看板を見つけてくれました^^;

「看板わかりにくいねーんっ」と悪態をつきながら
直進していくと
また怪しい道しるべが・・・



4185

「もしかして、ここを左?」
と、矢印の方向を見ると



4205

舗装されてない
轍ボッコボコの酷道が

車で数メートル登りましたが、雨の影響でぬかるんで
こりゃ無理・・・とバックして車を止め
この先へは歩いていくことに・・・

看板を見ると1.8kmと書いてあります
ふつうの道ならともかく、このガタガタの道を1.8kmて・・・と
ふ・・・と気が遠くなりましたが、せっかくここまで来たんだし!と
鼻息荒く「行くわっ」と宣言したらば
妹は「ここで待っとく~」と車の中からつれないお言葉^^;

なぜかチチウエは当たり前のようにつき合ってくれました
心配してくれたのか、単にチチウエも見たかっただけなのか
確認しませんでしたけど(笑)

雨が止んだばかりのぬかるんだ道を
よたよたと歩くこと数分

絶対1.8kmもなかったと断言できる!
180mの間違いかな?くらいに思えたあっさりした
距離で目的地にたどり着きました


4201

4188

何十年も前に閉山し、長年放置された鉱山跡は
鬱蒼と茂った草木に覆われて
とても神秘的な姿になっていました

良質な銅が採掘され
地下深く坑道を掘っていた鉱山だそうです



4190

まるで外国の神殿のようです

年代や季節が違うときに撮られた写真を見ると
これとは雰囲気が全然違う、古代遺跡のようでした



4194

4196

朽ちていく風景が
とても魅力的



4199

4200

4203


ホントは登って探索したかったのですが
雨上がりで何かニョロっとしたのが出てきそうな気がするし
しかも崩落したらヤバいしな~・・・と
下から写真を撮るだけにとどまりました

見捨てられた廃墟の美しさ
これからも徐々に様変わりしていくのでしょうね


プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム