FC2ブログ

青攻め

7057


アリゾナ産のジェムシリカです。
アリゾナの鮮やかなブルーグリーン系の石と言えば
真っ先にスリーピングビューティのターコイズを思い浮かべる人が
多いと思うのですが、高品質なジェムシリカだと彩度も高く光も通すので
ターコイズをも凌ぐ美しさなのではないかと思います。
って、ジェムシリカ好きの私の贔屓目が入ってますが(笑)
ペルー産のも有名ですが、マラカイトの成分が多めに含まれてるのが多いのか
どちらかというとグリーンの色合いの方が強いなぁ~という印象。
ブルーの発色が強く出てるのはアリゾナ産の方が多いような気がします。

ホンットに好きです、この手の色合い~。
ダイヤモンドやスフェーンのようなキラキラとまばゆい輝きを放つルースも
大好きなのですが、ジェムシリカや、ペルー・アルゼンチン産などのロードクロサイト、
ムーンストーンなどの、まったり底光り系の静かに主張する半透明のカラーには
やたらめったら弱いのです。



0398

0386

アリゾナ州グローブの鉱山で採れたというジェムシリカ。
カボションの多いジェムシリカにはめずらしく、ファセットカットです。
ネオンブルーの美しさにホントに見惚れます(*^_^*)

0.74ct



0409

0410

有名なレイ鉱山産。
黒っぽいインクルージョンが海藻のようで(写真よりもっと入ってます)
いろいろ想像力の働く魅力的な景色です。

Ray Mine 1.36ct



0389

何年か前に「アンデスのブルーオパールと酷似している」と
書いたことがあるので並べてみました。
左がブルーオパールで右がジェムシリカ。 そっくり。

ジェムシリカはクリソコラに石英が染み込んだもの、
ブルーオパールはクリソコラの成分がオパールに取り込まれたもの。
カルセドニー化するかオパール化するかの違いで
そりゃ似てるのも当然ですよね。
で、ブルーオパールの記事では「クリソプレーズに雰囲気が近い」とか
書いてるし~。そりゃそうよね~(笑)

ジェムシリカのカテゴリを「クリソコラ、ジェムシリカ」でくくっちゃってますけど
ホントは「カルセドニー」か「クォーツ」のカテゴリに入れる方が
正しいんですよね・・・ま、いっか^^;



7052

7953

こちらはペルー産のジェムシリカの原石。
グリーンが強めに出てますね~。
原石で見ると改めて
あぁ、染み込んでるのがよくわかるなぁ~と実感。
こういうのをカットするんだなぁ~と。



7056

これはジェムシリカではなくクリソコラの原石。
ドゥールジークォーツが乗っかった華やかな標本です。
ペルー産。



7068

7071

クリソコラの原石を軽く研磨したもの。
空洞あり~のキレイな結晶もあり~の
透明感もあって、いろんな角度から眺めたくなります。



7060

7061

先日、石友さんとお会いした時
「コレクション初期に手に入れた、さほどクオリティの高くないものでも
どうしても手放せない石ってありますよね~」と話してて
真っ先に思い浮かんだのが、このアリゾナ産のクリソコラでした。

500円~1000円くらいのお値段がメインの
初心者向けの石が並んでたお店で
その中でこの鮮やかな発色とおもしろい形状の石に
ぐぃ~!と引き寄せられて購入したものでした。
店主さんが「ごめんね、これは2500円しちゃうんだよ」と
申し訳なさそうにおっしゃってたのを今でも覚えてます(笑)

Ray, Pinal Co., Arizona, USA


蒸し蒸しした暑い季節になると
毎度、青い石に逃げたくなるのでした(笑)


スポンサーサイト

原石とルース・12

ペルー産ジェムシリカルース3.jpg

ペルー産ジェムシリカ3.jpg


ペルー産のジェムシリカです。
原石のジェムシリカはドゥールジークォーツが結晶している
華やかなタイプもよかったのですが、ルースと比較しやすいので
あえて持ってる中で一番地味なのをチョイスしました(笑)
でもこれはこれで好きです。昔買ったなつかしい一品。
ルースはあまりネットで見つけられなくて、たまに見かけても
ばかげて高価だったりするので、ミネラルショーの時に大人気のルース屋さんで
タイムサービス時のスーパーのような人だかりに揉まれて買ったものです。
ひとつは欲しかったジェムシリカのルース。
アンデスのブルーオパールと酷似してるせいか、どうにもこの手の色合いには
弱いのですね~。
派手さはないけれど、静かに底光りする魅惑のカラーです。


ペルー産ジェムシリカルース4.jpg

ペルー産ジェムシリカ2.jpg

ペルー産ジェムシリカルース2.jpg

ペルー産ジェムシリカ1.jpg

Acari, Peru



三連休最終日は台風の影響で荒れた天気になりましたが
初日、二日目はカンカン照りでしたね

大阪骨董祭2.jpg



中日に大阪骨董祭にちょろっと行ってきました

大阪骨董祭1.jpg

神戸や京都の骨董市に比べると和骨董率がべらぼうに高くて
お客さんも年配の目利きのおいちゃんがほとんどなので
まぁ、手の出ない高価な骨董ばかりだろう、と
ひやかしで行ったようなものなんですが
でもやっぱり興味あるものも多くて、見てると楽しいです♪



大阪骨董祭3.jpg

し・・・渋い というか地味(笑)



大阪骨董祭4.jpg

ウランガラス製品はきれいだけど
やっぱりちょっと高いなぁ



大阪骨董祭5.jpg

ひやかしのつもりが
里帰り品の薩摩焼きのカップ&ソーサーを
清水の舞台をダイブして買ってしまいました
薩摩ボタンをちょっとずつ集めている影響ですが
日本の絵付け師のすごい技術とこだわりに魅了されます
元の付いてたお値段だったら、とても手が出ないシロモノだったのですが
最終日ということでかなり値引きしてくださったので なんとか「えいっ!」と^^;
目利きのお客さんばかりの中で、私のような無知な客は浮いてたんでしょう
ド素人まる出しの質問ばっかしちゃってたので、お店の方もずいぶん丁寧に
いろんなことを教えて下さいました、二人がかりで(笑)
(こりゃヒドイ、ちゃんと教えねば・・・という使命感もあったのかも・・・

最近、昔だったら絶対興味を示さなかったものに
かえって目が行くようになっています
薩摩のような色絵ものなんて、昔ならまず除外でした
年齢とともに好みが変わってきてるのもあるのでしょうが
若い頃って、頑なというか 特有のこだわりみたいなものがあって
一定のジャンルのものしか受け付けない脳になってて
極端に視野が狭く、食わず嫌いだったものが多かったんだと思います

その辺、トシくうと結構ニュートラルになってくるのか
何かの拍子で封印を解かれると、敬遠していたジャンルが
今度は異様に好きになってしまうんですね
なんで昔はこれをいいと思わなかったんだろう?と思うことが
今とても多くて、そんな自分の変化をおもしろく感じています♪
シンプル→デコラティブ
無地→柄もの とか(笑)


これも↓

はなとピンクッション1.jpg

いつものダレたねこがおりますが
こやつは縫い物しているとこに勝手にフレームインしてきただけで
おまけです



はなとピンクッション2.jpg
            同じねこでも こっちこっち↑


ねこ(動物)モチーフも基本的に興味なかったひとつです
動物は本物が一番だし!と思ってたこともあったし
どうも動物雑貨=ファンシー・もっさい
という失礼な偏見を持っていたのです
でも同じ動物ものでも、古いものとか外国のものだと
かわいいけれどちょっと毒があったりヘンだったり、ピタッとツボに
ハマるものが多く、その延長で現行品でも探してみたら
とてもセンスのいい商品もあることに気づきました(スミマセンでした
ので、すっかり解禁です(笑)(動物のチャームもそのひとつ)

今まで何度も買いかけてはグッとガマンしてるのが
ヴィンテージシュタイフのぽんぽんアニマルです
特にうさぎとすずめ 
二頭身

たまらん・・・


氷上の妖精につられて

ジェムシリカ1.jpg

ジェムシリカ3.jpg


石英が染み込んでジェムシリカ化したクリソコラの上に、
こまやかなドゥールジークオーツが結晶して
とても涼やかな印象です。
まったくこの季節に不似合いな石をチョイスしてしまいました。
先ほどまで氷上の妖精が舞う全日本フィギュアを
観ていたせいでしょうか(笑)
横から見るときれいに層を作ってますね。
水晶が華を添えてます。


ジェムシリカ2.jpg

Inspiration Mine, Arizona, U.S.A



行くと必ず琴線に触れるものが見つかる
中崎町の古道具屋さん「demokura」さん。

デモクラ2.jpg

デモクラ1.jpg


商品のセレクトやディスプレイのセンスの良さなど
行くたびに心惹かれます。


照明フェチなので、デスクライトやペンダントライトを
デモクラさんだけで今まで3点も購入してしまってます(笑)
デスクライト2.jpg




中崎町は昭和レトロな雰囲気のお店が多いですね。
うてな喫茶店もその代表格。
うてな喫茶店1.jpg
昭和すぎる入口


うてな喫茶店4.jpg


うてな喫茶店2.jpg
丸窓がかわいいよぅ


うてな喫茶店5.jpg
食器もメニューも徹底してるのでした



プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム