FC2ブログ

トラピッチェ鋼玉

0467

0468


ミャンマー産のトラピッチェのルビーとサファイアです。
上ふたつのルビーは原石、下ふたつのルビーとサファイアはルースです。
なるべくトラピッチェ模様がキレイに鮮明に入ってるのを・・・と探してました。
ルビーはともかくサファイアとなると、うす~いグレーみたいな顔色悪いのや
トラピッチェが枝毛みたいにもげもげになってるのとかが多くて、ちゃんとした
ブルーカラーで整ったトラピッチェってなかなか見当たらないんですよね。
このサファイアのルースはミネラルショーでいつもお世話になってる
ルース屋さんで購入しました。
以前のショーの時に「サファイアのトラピッチェを探してるんですけど」と
言ったら、いくつか出してくれたんですけど「質のいいのはないんだよ」と
言われて、その時はあきらめたのですが、次のショーの時に、こちらの
ルースが入荷されていました。 さすが~(*^_^*)
ルビーの原石の方はどちらも夕星庵さんにて。
原石で見ると、ホントに金太郎飴みたいに下までずっとラインが入ってるのを
確認できて感動しちゃいますね~。


9749

Mogok, Myanmar



アンティーク・サロンさんから届いたDMのハガキ

阪急うめだ本店「素晴らしき時代マーケット」のイベントで
澁澤龍彦氏の没後30年である今年、
氏の王国である「ドラコニア・ワールド」を表現するとのことで

Landshapboekさん、JOGLARさん、sommeilさん、
メルキュール骨董店さん、piikaさん、antique Salonさんという
その系統の(笑)名店がズラッと参加されていたので
先日行ってきました


0995

IMG_0996_convert_20170827210430.jpg

う~ん
澁澤ワールドですね~、濃かったです(笑)
でもすごく好きな世界でわくわくしました



1005

メルキュール骨董店さんで
プレパラート標本を一枚購入しました
ちっさくてよくわかりませんが
蜘蛛の目なんだそうです
これ、集め出したらヤバい…と思い
ずっと手を出さずにガマンしてたのですが
今回ついにパンドラの箱を開けてしまいました・・・(;´д`)
「永久プレパラート」って響きが美しすぎる

そういや、本屋さんでも澁澤さんの特設コーナーが
できてましたけど、没後30年だったのかぁ・・・

澁澤さんの紹介する世界観には昔に
ずいぶん影響されました
今はかなり薄まりましたが(笑)、ときどきこうして
振り返る機会があったりすると
やっぱり好きだなぁ~と再確認しちゃうんですよね(^_^;)


スポンサーサイト

見通す瞳

7152


スリランカ産のサファイアです。
ブルーとカラーレスの透明度の高いくさび型の結晶です。
硬度の高さを誇る美しい結晶が、
背筋を伸ばしたように佇む姿は
常人とは違う世界を見通すことのできる
特別な瞳の持ち主のようなイメージがあって、
凛とした冷たいその瞳に
凡人はどうにも引き寄せられてしまうのです。


7151

7153

Ratnapura, Sri Lanka



なかなか更新できないうちに
いつもより遅咲きだった今年の桜もそろそろ葉桜になり
散り始めてますが
4月7日の命日から二日遅れで行ったはなのお墓参りでは
ちょうど満開でした

先日、友達から
「昨日、花ちゃんのことをフッと思い出してたの」
というLINEをもらったのですが
その「昨日」というのが、はなの命日だったので
ちょっとびっくりしてしまいました
友達にそのことを伝えたら、友達もびっくりしてました

わっがままなコだったから
「ほら、今日ははなのこと思い出して!」と
友達にも念を送ってたのかな~、と(笑)

親ばか全開で
いつも
「はなは世界一か~わいい
はながい~ちばん
はなよりかわいいコ、他に見たことな~い!(あるけど)
と言っていたので
「いつもはなを見てて!」感が強いコだったような
気がします(笑)

見送ってもう4年がたったけど
今もちゃんとはなを見てるよ~(*^_^*)


hanana

時々入れ替えるはなの写真ですが
たまには飼い主とのツーショットも・・・と

こんなラブラブな時代もありやんした(笑)


海底遺跡

0259

0318


スリランカ産のサファイアです。
ほんのりブルーがかった透明度の高い六角形の板状結晶が
大小、階段のように重なっています。
とても美しい結晶で私は大好きなのですが、10人が10人とも美しいとは
評価するようなタイプではなさそうなので、好き嫌いは分かれるかも?
見れば見るほど好みだな~と思っちゃうのですけど。
まるで人工的な遺跡のようで、与那国海底地形を思い浮かべてしまう
とても神秘的な形状です。


0319

Passara Gem Mine Badulla, Uva Province Sri Lanka



お久しぶりの更新になってしまいました

いろいろバテ気味でサボってしまい
気がつけば9月も半ばになっておりました
ブログを訪問してくださってる方に
「最近全然更新してませんね」とツッコまれてしまいまして(笑)
すみませんでした(>_<)

最近どんくささに磨きがかかって
何かしらぶつけてはあちこち内出血しています

いちばんキツかったのは、朝、出がけにテーブルの上に置いてた
本を足の小指に落としてしまったこと(T_T)
しばらく声が出ないほどの激痛で、でも時間がなくて、
この苛立ちをどこにぶつけたらいいのかと涙目で
やつあたり気味にドアをばぁーんと閉めることくらいでしか
発散できなかったのが、これまた悔しかったです


ツンな美人

6618

6628

6622


スリランカ産のコランダム(鋼玉)です。
透明度の高いカラーレスサファイアの双晶。
こんなに澄んだ原石ってあんまり見たことなかったので
ひとめぼれでした。
シャープな条線の入ったくさび型の結晶で
極度に配色を抑えた寒色系の万華鏡のような
凛としたプライドの高そうな輝きにときめいてます。


6611

6617

Sri Lanka



<雑談です>

更新が滞ってますね~
すみません
今年もまた
鼻がムズムズ、喉がイガイガ、熱っぽい・・・と
花粉症なのか風邪なのか
判断に悩む季節がやってきてしまい
(花粉症特有の目がかゆくなる症状が出ないもんで)
もう、なんかしんどくて・・・(T_T)

市販のアレルギー対策の薬って
過去に2~3種類試してみたことがあるんですけど
ことごとくろくな目に合ってないので飲むのコワイんですよね
なんというか、砂漠で脱水症状の時に
ちんすこう口に突っ込まれたような、
喉つまる~!息でけ~ん!な悲惨な状態になっちゃったんですよ~
あのジタバタ感は思い出すとゾッとするので
もう飲みたくないです^^;
耳鼻科でちゃんと処方してもらったら大丈夫なのかな



「イケメンゴリラ」という写真集が脳髄に刺さりまくって
本屋さんで見かけると、かならずめくってしまいます

ゴリラ、超イケメン!
あの語りかけるセクシーな流し目
諭すような渋いポージング
キメ顔がはまりすぎてマジやばいです



「ハイキュー!」の澤村くんのことが
何気に好きだと気づいた今日この頃
う~ん、昔だったらあんまり気に留めないキャラだったのになぁ
ナイス尻拭い!の地味担当なのに
意外と「食えないタイプの奴」っていうのもいいし
東峰くんにだけ手厳しいのもなんか好きです(笑)
頼れる背中のキャプテンにきゅんときます(*^_^*)

他のキャラもみんな大好きですけどね
日向ちゃんがホントにまっすぐ素直で貪欲で
あ~ん、がわい~ん!って悶えてたのに
最近・・・特に白鳥沢戦あたりから?その前の青葉城西戦あたりから?
絵のタッチがどんどん野太くなってきて
迫力満点ではあるんですけど・・・
全員のキャラの表情がたくましくというか激しくなって
メンバーもコーチ陣も応援団も
みんな同じような荒いリアクション、
同じような荒い表情になってきてるのが哀しいです(T_T)

3~4巻あたりの頃の丁寧な絵柄の方が好きだったなぁ~
一人一人のキャラの個性に合った表情の繊細な描き分けがあって
日向ちゃんの不安そうな表情とか、あどけなかったり天真爛漫
だったりのかわゆさと、ふとした瞬間の威圧感にきゅんきゅんしてたのに・・・
たくましく成長したって思うべきなのかしら
でもなんか違うよ、さみしいよぅ
白熱した展開だから仕方ないのか、顔がコワイです、みんな(;д;)

あ、でもツッキーが覚醒したのはうれしいです(笑)


コランダムのルース

3900


カラーバリエーションの多いコランダム(鋼玉)。
ルースでいろんな色を揃えたいなぁ~と
スローペースですが、ちょっとずつ集めています。



3915
非加熱のファンシーカラーサファイア。産地はマダガスカル、ミャンマー、タンザニアなど。


コランダムのルースは、ほとんどが加熱処理が施されていますが
色は淡くても優しい自然な色合いの方が好きだな~と思うので
なるべく非加熱のもの、という野望(笑)で
一応、商品説明やラベルに非加熱表記のあるものを購入していますが
とあるルース屋さんの店主さんにお話を伺っていた際、
「現地の採掘場から直接買い付けたものをカットしているから
これは非加熱だよ」と説明のあったものも非加熱表記にしてはいるけれど
ホントに非加熱かどうかは鑑別書のついたものしか確かとは言えないと仰る。

「だって長い年月の間に一度も落雷や山火事にあったことがない、なんて
言い切られへんやろ?」とサラッと。

ええええ・・・
自然現象でうっかり熱が通ったものですらアウトなの~?
キビシイなぁ~、そこは許してやって~^^; と思うので、私はスルーして
自分の中のゆるいルールのもとで購入しています。
だって鑑別書のついた非加熱サファイアってホントにクオリティ高くて
非加熱とは思えないくらいカラーも深くて、ケタが違うんだもんっ!
とても手の出せるお値段じゃありません(笑)



3940

ちなみにこちらは加熱処理されたサファイア。
色がくっきりしててキレイなんですけど
やっぱりちょっとどぎついというか、人工的。
全部合わせて0.89ctしかない、ちびルースです(笑)



3928

最初のひとつを手に入れるまではなかなか見つからなかったのに
手に入れたとたん、ちょこちょこ見かけるようになった
モンタナ産の非加熱サファイア。(そんなもんだ・・・
いくつか買い足しました。
真ん中のちっこいブルーがヨーゴ区域のものです。



3925

レアなフランス産の非加熱サファイア。
フランス中部のオーベルニュで産出されたものだそうです。
火山の噴火で川に流れ、底に蓄積されたタイプのサファイアなので
ほとんどが小さな結晶なのだそう。
これも0.14ctしかありません。
モンタナサファイアのブルーのようです。



3906

3909

ルビーとサファイアが同居したコランダム。

バケットカットの方がマダガスカル産。1.134ct。
オーバルの方がタンザニア産。0.79ct。非加熱です。
タンザニア産の方はルビーというより、ピンクというか
パープルっぽいサファイアですね。



3903

パパラチアサファイアです。
サファイアの中で、このカラーは別格扱いって感じですね。
トルマリンでいうところのパライバみたいな存在でしょうか。
蓮の花のカラーということですが、オレンジとピンクの中間色で
オレンジが強くてもダメ、ピンクが強くてもダメ、と、なかなか
パパラチア認定されないカラーみたいですね。
スリランカ産とマダガスカル産。
マダガスカル産のはベリリウム拡散処理が施されているものが
多いそうなので、うちのマダガスカル産のもアウトかも・・・
ただの加熱ならいいんですけど、ソーティングメモってどこまで
信用できるシロモノなのかな・・・
パパラチアサファイアは鑑別書付のを購入した方が賢明なんでしょうね。



3933

加熱処理済みのブルーサファイア。
左上がタイ産。0.46ct。
右上がマダガスカル産。1.23ct。
下がスリランカ産。0.40ct。



3936

スターサファイア。
産地不明、サイズもわからない上に
スターすら写せなかった、ぐだぐだサファイア。



3929

加熱処理済みのルビーです。
ピンキッシュな赤色がかわいい。
ラウンドカットのルビーがミャンマー産で0.25ct。
あとの二つはいただきものでわからない
モザンビーク産の非加熱ルビーをいまだに購入していません、
欲しいのに・・・



久しぶりに入った紅茶の美味しいカフェで

お茶2

メニューを見ていたら
スイーツもたべたくなっちゃって



お茶1

桃のレアチーズのガトー仕立てと
セイロン B.O.P. スペリユールをミルクで

桃とレアチーズとソースが絶妙なバランスで
あっさり爽やかで美味しかったけど
一番下のガトーショコラ?の生地があっさり感を壊すので
この日のわたしにはいらなかった(^_^;)
↑ふつう、その味の緩急で美味しさが増すんだろうけど(笑)

相変わらずスイーツのお皿がでかすぎて
ミルクティの脇役感ハンパない~(笑)



※先日の記事で拍手コメントをくださった方、
 返事は不要とありましたので
 お礼だけ。ありがとうございました(*^_^*)



プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム