コバルト入り

0659


0655


一見、ペルー産のロードクロサイトのようですが
ナミビア・ツメブ鉱山のコバルトスミソナイトです。
コバルト含有というと単純にブルーになりそうなイメージがありますが
実際はピンクっぽい鉱物が多いですよね、コバルトカルサイトとか。
青翡翠はコバルト翡翠などと呼ばれてはいますが
実際にはコバルトによる発色ではなくチタンによるものだそうですし。
スミソナイトはなぜかブルー系のもこもこタイプの結晶しか持ってなかった
のですが、ようやくカクカクタイプのピンク結晶が一点。
何気に結構いろんなカラーバリエーションがある石なのに、なかなか
結晶で気に入るものは無い・もしくはお値段高めで見送ってしまうパターンで
あまり増えないカテゴリでございます(^_^;)
これはカッターでシュパっとカットしたような端正な結晶が、程よくパラパラと
乗っかってるのがいいなぁ~と思いました。


0656

0660

Tsumeb Mine, Tsumeb, Namibia



ややっ

0661

壁とまくらの間に わざわざ自ら・・・

は~な、
窮屈じゃないの?^^;



0662

ん?

もちっとラクな恰好で寝たら?



0678

ん~と・・・



0663

じゃあ、これで

私がしんどいです


スポンサーサイト

蛍、ふたたび

ニューメキシコ産スミソナイト1.jpg


アメリカ・ニューメキシコ産のスミソナイトです。
だいぶ前にアップした、同じくちっこい球状のスミソと
同じ色合いで雰囲気もそっくりだったので
ラベルを見てみたら、案の定 同じ産地でした。
ちっこいくせに強烈で鮮やかな蛍光カラーのおかげで
同じようなの持ってるぞ~とわかっていながら
手を出してしまったのでしょうかね(^_^;)
夏の夜空に浮かぶ蛍のように
見つけると追いかけてしまう存在みたいです。


ニューメキシコ産スミソナイト2.jpg

Kelly Mine, Maggalena, New Mexico, USA


ついでといってはこの子↓に失礼な話ですが
スミソナイトって、一歩間違うとちょい不気味系になって
しまうものが多い石のような気がします。
これなんか↓もギリギリのラインにいますね~(^_^;)
触り心地がなんとも不思議な感触で、シルク光沢は美しいと思うのですが
もこもこと連なった結晶がちょっと気色悪くなってるタイプが多いのですね。
これも人によっては、すでにラインを越えちゃってるかな。
私は持ち主ゆえ、ギリセーフにしときますが(笑)


スミソナイト.jpg

ニューメキシコ産スミソナイト3.jpg

並べると大きさとカラーの違いが~。
左の子、ついででピン登場できなかった上、
ラベルが見当たらなくて産地表記もできないといという
どこまでもぞんざいな扱いになってしまいました・・・。
ごめんね^^;
多分このタイプだとメキシコあたりかな?と思うのですが。




先日
ねこ好き友達のTさんがはじめてうちに来た際

真夏のホラー顔1.jpg

はなのあられもない姿を見て
「ホンマにこのカッコで寝るんやね~ 初めて見た」と・・・

毎日こんなんですが



真夏のホラー顔2.jpg

Tさんとこのねこちゃんは
二匹とも男の子

オスのねこちゃんは
あまりこういう無防備なカッコでは寝ないみたいです
(性格にもよるのでしょうが)

そういえば ねこブログとか覗いても
こんなおっぴろげな寝方してるのは
女の子の方が多いような気がします

男の子の方が危機感とか警戒心が強いとか?



真夏のホラー顔3.jpg

いや、でも
そこはビビりでへたれな
はな

身体は弛緩してるくせに



真夏のホラー顔5.jpg

顔は恐怖の楳図かずお

真夏のホラー


蛍光パステル

スミソ・ヘミモ3.jpg

スミソ・ヘミモ4.jpg


メキシコ産のスミソナイト(菱亜鉛鉱)とヘミモルファイト(異極鉱)
のコンビ石です。
どうもこの組み合わせには弱いようです。
これは今回の大阪ショーではなく、もっと以前のミネラルショーの時に
購入したものです。
外国のお店のブースで 比較的渋い系、というか地味系の石が
等間隔に並べられたなかで、これだけピカ~ッとものすごい
蛍光カラーを発してました(笑)
すんごい存在感です、ちびのくせに。
ヘミモルファイトとのバランスも気に入って即買いしました。
半々に結晶してるので、共生カテゴリの方が正しいのでしょうが
スミソの強烈なパステルグリーンに「見よ、ワタクシを」と
呼ばれた印象なので、スミソナイトの勝利です(^_^;)


スミソ・ヘミモ1.jpg

スミソ・ヘミモ2.jpg

San Antonio El Grande Mine East Camp Santa Eulalia Chihuahua, Mexico



ところで
このブログを始めて、もうすぐ半年になるんですが
自分のうかつさ加減に最近になって気づいて
思いっきり自己嫌悪なのです。

たま~にですが「ブログ拍手」のカウントが
「1」とか「2」とかになってる日があって
「誰かが拍手してくれてる。わ~い♪」なんて
喜んでたんですが、実は拍手のコメントの方には
全然チェック入れてなかったんです。
というか、コメント欄をどこで見るのか
知らなかったんです・・・アホすぎ(T_T)・・・

で、ふとしたことでコメント欄の方に気づき
コメントを入れてくださってた方が
いるのを知りまして・・・
今まで全然気づかず
何カ月もお礼のコメントも入れず
放置してしまってました。
本当に申し訳ございません。

今は見に来てくださってるかはわかりませんが
本当に今さらですが、あたたかいコメントが
とても嬉しかったです。
こんな場で言うのも何ですが
ありがとうございました。


色彩都市

・・・って曲がなぜか思い浮かびます。
この石の色。

ちびスミソナイト1.jpg

ちびスミソナイト3.jpg


ニューメキシコ産のスミソナイトです。
ちっこいくせに目を引く存在感なのは
この鮮やかな薄浅葱色のせい。
手の平のなかでこぼれおちそうな雰囲気の
丸玉のこどもたちがかわいいです♪


ちびスミソナイト2.jpg

Kelly Mine, Magdalena, New Mexico, U.S.A






フリーズはな1.jpg

フリーズはな2.jpg

またフリーズしてる・・・




ファンシーです

もこもこスミソ5.jpg

もこもこスミソ4.jpg


淡いパステルブルーのメキシコ産スミソナイト(菱亜鉛鉱)です。
もこもこ卵のようなかわいいスミソナイトを、透明でシャープな
ヘミモルファイト(異極鉱)が支えてます。
全体にふんわりしたカラーだけど、寒色系のせいか
イメージは北欧とか寒そうな国での、暖房効かせた部屋の中(笑)
スミソナイトとヘミモルファイトの共生は好きな組み合わせのひとつです。


もこもこスミソ3.jpg

San Antonio El Grande Mine, East Camp Santa Eulalia Chihuahua, Mexico




なでなではな1.jpg
は~な♪

よ~ちよ~ち
なでなではな2.jpg
ご~ろご~ろ♪

甘えんぼさんだね~(*^。^*)←親バカ丸出し

なでなではな3.jpg
と思ったらデジカメのストラップが気になる!
しゅっ!

あ、なにすんねんっ


なでなではな4.jpg
めっ!
デジカメ落っことしちゃうでしょっ
(・・・むぅ・・)


この写真のはなの後ろ足が笑える~と妹に言われました。
たしかに手羽先かいなって、みょ~んと伸ばしてますね(^_^;)
思いっきり伸びした後、そのまま形を戻さなかったんです。
緊張感ないコだ(笑)


プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム