ボヘミアの思い出

7178


チェコ産のカルサイトとパイライトの共生標本です。
鉱物自体は割とありきたりなのですが、このバランスにひとめぼれ(笑)
石友さんたちが生ぬるい笑顔で「好きそう~」と同意してくれたのは、多分
これとかこれとかこの辺あたりの似たような景色の標本に
私がやたら食いついてしまうことをご存じだからだと思います^^;
ヤドリギ系で、パラパラと結晶が点在してるのが好きなのです。
この標本もパイライトがたくさん集合している二枚目の写真より
一枚目の写真の方が好みで、私的にはこちらが正面です(*^_^*)


7177

Pribran Central Bohemia Czech Republic

↑ボヘミア、チェコ・・・とラベルを写しながら
ボヘミアというと、「モルダウの流れ」を思い出すな~と・・・

はるか昔の中学生の頃、
文化祭の出し物での合唱コンクール的なもので
三年生になったら「モルダウの流れ」を歌う、というのが
定番だったんですね (どの学校でも鉄板かな(^^♪)
で、わたしはこの曲が大好きで、歌うのを楽しみにしてたのに
三年生になってから
わたしたちのクラスに割り当てられたのはモルダウではなく
「空駆ける天馬」だったのです
なんかやたら元気のいいクラスだったみたいで、モルダウより
天馬の方がイメージに合うとかなんとか先生が判断したみたいで・・・
ショックだったなぁ~(´;ω;`)

今でもたま~に思い出して日本語バージョンのを動画サイトで
聴いたりするんですけど、わたしが当時聴いてた歌詞は
「ボヘミアうるおす河よ ゆたかな流れモルダウ」だったのですが
どの動画を見ても
「なつかしき河よ モルダウの 清き流れはわが心」とか
「ボヘミアの河よ モルダウよ 過ぎし日のごと今もなお」
とかなんですよね
こっちが主流みたいで
わたしが聴いてたバージョンが全然見当たらないんですけどっ
マイナー歌詞だったのかな・・・(´・_・`)

この違う歌詞のせいで、思い出に浸れるようで
微妙に浸れないのでした(笑)

※momoさん、拍手コメントありがとうございます(*^_^*)
 無くなってたらショックで悶絶、あっても葛藤して悶絶ですね~(笑)



スポンサーサイト

CWさんとUSKさんの即売会

週末にCWさんとUSKさんの即売会をハシゴしました。
肥後橋と芦屋なので土日に分けて行くつもりだったのですが
石友さんたちがハシゴするよ~と言うので
なら私も、とコバンザメのようにくっついて行きました。

こんな感じで一個ずつ

0722

最初に行ったCWさんの方で、チェコ産のツボど真ん中の共生標本と
USKさんの方ではツメブのアズライト(藍銅鉱)を購入しました。
どちらもとってもいいお買い物ができたと思ってます(*^_^*)

CWさんの方では、最初ペルー産のフローライトとパイライトの共生もので
どれにしようかすご~く迷っていたのに、こちらの標本が目についた途端
ぐりーん!と心変わりして、迷うことなく購入しました。
「これ、すっごくいい感じですよね~」と石友さんたちに見せて聞いてみたら
「ああ・・・いかにも(ひいらぎが)好きそうなタイプですね」と、生暖かい笑顔で
みなさん同意してくれました。
正直、「またソレ系か!」と、心の中でツッコまれてたことは重々承知しております^^;

USKさんの方では、購入したアズライトはもちろんとっても気に入ってますが
それ以上に、絶対私には手の届かない、母岩付きのバイカラーのトパーズに
身分違いにも惚れ込んでしまいまして・・・
何度も手に取って、「いいなぁ、これ・・・いいなぁ、これ・・・」と未練がましく
いつまでもブツブツとつぶやいておりました。
分割払いで・・・・とか、(USKさんは「それでも全然いいですよ~」と悪魔のささやき←しかも口調軽いしっ!)
「そういえば500円玉貯金がいっぱいになってたんだった!」と、思い出せば
左右から石友さんたちから、「いっちゃえば~?」と、無謀な背中押しされ、
ホントに危うくいっちゃいそうな勢いでしたが、やっぱりもう少し冷静に考えなきゃ、の
私には高嶺の花のお品なのでした。(はぁ~・・・ため息・・・)

どちらのお店も、さすがのクオリティの品揃えで
大変目の保養になりました(*^_^*)

でも・・・あぁ・・・あのトパーズ・・・・(未練たらたら)


「なんば神社で石まつり」

難波神社で開催された
「なんば神社で石まつり」に行ってきました。

場所がいつもの難波神社なだけに
「あれ、タイトル変えたのかな?」と思いましたが
いつもより少し時期が早いし
「第一回」とありましたので、新しい石のイベントだったようです。

三週続けて石のイベントが続いてしまうので
どうしようかな~と思いましたが
いくつか見たい石屋さんやルース屋さんがあったので
ちょこっとだけ見てこようと・・・

いつものこじんまりした会場に
いつもより多く出展されてたので
なんだかぎゅうぎゅう感がありましたが(笑)
楽しかったです。


7174


控えめにルースふたつと
原石をひとつだけ購入~。

ルースはふたつともガラスです(*^_^*)
「宝石部」さんで見つけたファセットカットのドラゴンズブレス
翡翠ガラスです。両方めっちゃキレイです。
ドラゴンズブレスはカボションカットでしか見たことなかったので
面が入るとさらにこんなにキラッキラになるのか~!と感動。
ルースのブログでちょこちょこ拝見してたTake-Cさんが研磨した
作品だそうです。
ルースケースのうしろにあるジェムカード作りにはキーズさんも
参加されたそうですが、一枚だけだそうで、どのカードかは
わかりませんでした(笑)

原石は「ハッピーギフト」さんで購入したウラルのシトリンです。
前も書きましたが、私、シトリンて2コくらいしか持ってなくてですね、
でもウラルのスモーキーシトリンはものすごく好きで、あれだけは
早く手に入れなきゃ!と思ってたくせに、なぜか現在まで未購入のまま
だったんですよ・・・・^^;
いや、なんか全然縁がなくて・・・やっぱり私、水晶探すの下手すぎ。
で、ハッピーギフトさんのネットショップにタイムリーに載ってまして
もしかして今回持参してくださってるかな~と、見に行ってみたら
ビンゴでした!(^^)!
ちっちゃくて、ちょっと欠けもあったんですけど、カラーはきっちり
好みのスモーキーシトリンのを選びました。

「つぐこみねらるず」さんはネットで気になってた原石がいくつかありましたが
こちらは残念ながら持参されてなかったようで、何度も見落としてないか
探しましたが見つかりませんでした^^; 

で、次の週末にはCWさんとUSKさんの即売会があると。
こんなん絶対欲しい石あるに決まってますやん・・・どないしよ(T_T)
欲しいスプリングコートが今年も買えない。


キーズさんの即売会にて

0712


ネバダ産のオパールです。
先日のキーズミネラルスさんの即売会で購入しました。
美しい遊色です!しかもブラック系なんですよ~!
核がブラックで周りがクリアに赤斑がメインのマルチカラーで
小粒だけどとっても見応えのあるオパールです。
なのにこれだけとってもリーズナブルなお値段だったのです。
他に二つほど同じ産地のオパールがありましたが、それらは
桁がひとつふたつ違いました^^;
でもね、もし他の二つがこのオパールと同じような価格だったとしても
私はこの子を選んでましたね。
いや、負け惜しみじゃなく本気で!(笑)
ちょっとバタバタしてて、いろんなことにあんまり余裕がなくて
行けるかなぁ~・・・と、ギリギリの申し込みになってしまいましたが
こ~んな好みのオパールと、あととってもかわいいアメシストにも
出会えました(*^_^*)(また別の機会にアップします)
石友さんたちともお会いできて楽しかったし、やっぱり行ってよかったです。
ありがとーぉ!キーズさま!


0714

0717

Bonanza Opal Workings Virgin Valley, Humboldt Co., Nevada USA


ミニマムワールド

0702

0699


カルコパイライトを伴ったコロラド産のフローライトです。
すご~く小さな標本です。
数年前にミネラルショーで購入したものなんですが
淡い藤色の結晶がとても可憐で
小さいなりにひとつの世界が出来上がってる感じがして
なんとなく気に入って手に取ったものでした。


0701

0700

Colorado, USA



昨夜、動画サーフィンしてたら
たどりついたこの曲
ファンじゃなくても耳にした有名な
なつかしい曲なんですけど、それ以上にこのPV
そういえば・・・





個人的にこの4分半、
最初から最後まで笑い倒してしまうPVだったんでした
(うう・・・ごめんなさい

「こういう感じでいくよ」と、絵コンテかなんか見せられて
「えぇぇっ やだよこんなのっ!」とはならなかったのか
メンバー逆にノリノリすぎぃ!

昔、たまたま一緒にこのPVを観る羽目になった
知り合いの男性が
ひぃひぃ悶絶してる私のとなりで
「名曲やのに・・・」と、ボソっと無念そうに
つぶやいてたっけ・・・


プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム