秋の森の虹彩

1111


モロッコ産の母岩付きのチタナイト(楔石・スフェーン)です。
ずっと欲しかったスフェーンの完璧な標本~(*^_^*)
私が撮影したわけがないことは一目瞭然のこの秀麗な一枚(笑)
キーズさんでお取り置きしていただいていた標本なのですが
またまた厚かましく送っていただく前に撮影をお願いしました。
たった一枚の写真で標本の魅力を全部表現できてしまう腕前は
さすがでございます!
スフェーンは大好きな石のひとつなのですが、なぜかルースの方に
ばかり手を出してしまい、魅力的な原石はつかみ損ねまくりだったので
ようやく好みの原石(しかも母岩付き)をゲットすることができて
とっても嬉しいです(*^_^*)
多色性が魅力の石なので、ついルースに転んじゃってましたが
実は結晶の形もたまらなく美しく、魅了されるスフェーン。
和名にもなっている、楔形の双晶ってなんでこんなにかっこいいんだろ!

Imilchil Area, High Atlas Er Rachidia Province, Draa-Tafilalet Morocco



美味しい珈琲が飲みたくて
どっかないかな~と検索してたら
こちらの「Le Premier Cafe」さん、
心斎橋のど真ん中だけど
ビルの二階だし、隠れ家的な感じで混雑してなさそうだし
こだわりの美味しい珈琲も飲めそう・・・と
思ったのですが、
なんか、この場所とか珈琲のお値段とか(ちょい高め)
デジャブ?・・・と思いつつ足を向けてみたら

1300

あ・・・やっぱここ
昔2~3回来たことのあるお店だった(笑)

場所をうろ覚えで、お店の名前もど忘れしてたんで
探すことなく何年もたってたんですが
店名こんなんだったっけ?(゚д゚)
なんかもっと和風の名前だったような気がしてたんだけど
(記憶の改竄ってオソロシイ)



1297

ああ、そうそう、こんなお店だった



1299

カウンター席でストロングブレンドをいただきました
深紅のカップがキレイ

このお店には、一席だけ奥まった秘密の小部屋のような
特等席がありまして、昔お邪魔した時
ラッキーにもタイミングよく必ずその席が空いてて
すっごく得した気分で満喫してました
他のお客さんを遮断できて、心地のよい狭い空間なので
ひとりで珈琲を飲みながら読書に集中できる
お気に入りの席だったんですよね~

今回は残念ながら先客がいらっしゃったので
カウンター席に座りました
座って、注文した直後に先客さんが帰られたので
移動させてもらおうかな~って思ったのですが
たまにはカウンターでもいいか・・・と思い直して
こちらでいただきました

・・・・が、
やっぱり特等席に移らせてもらえばよかった(笑)


スポンサーサイト

映らなかった虹(泣)

1272

1289


全っっっ然っ伝わりませんね!
キラキラが・・・美しさが・・・っ
ホントに申し訳ございませんっ(T_T)
レインボースキャポライトのルースです。
カボションの全体にストレートなラインが入っていて
一見地味なのですが
自然光の下で見るとそのラインがレインボーカラーになって
ホントにキラキラとみずみずしく輝く
とても鮮やかなルースなのです。実物はっ!
けっこう数年前からチェックしてて、3個だけ持ってたのですが
ご覧のありさまで、今までアップできず・・・(もうあきらめました
LEDライトやペンライトを当てても雰囲気の違うカラーに
なるそうですが、これもまた玉砕いたしました(泣)


1284

1283

1288

0367

産地不明


あと、全然関係ないのですが
一番小さなレインボースキャポライトのルースを
購入した際に、一緒にお迎えしたシヴァ・アイのルース↓

1293

巻貝が化石化したルースです。
もっと模様がぐる~んとうず巻いてるタイプのが欲しかったのですが
その時はあまり置いてなくて・・・
インドの神様の目の名前がついたルース。
神様の目というより、ドール・アイとか成型前の義眼のような
雰囲気がありますね、このルースに限っては。
また好みのを探したいです。



1294

なにがかわいいって、ひっくり返すと
バカボンのほっぺた~(笑)



「石臼珈琲」さん

妹の住む地域の近くの商店街に
おもしろそうな珈琲店ができてたというので
連れて行ってもらいました

1253

こ・・・この店構え・・・
定食屋さんとかお豆腐屋さんみたいだけど
珈琲店なんだな

看板を見ると予約制のようなので
無理かな~?と思いつつ
妹がおそるおそる中に声をかけると
「今だれもいないので、どうぞ」と男性が
「接客中」と書いた看板にひっくり返して
中に入れてくださいました
一組だけの接客なのかな~(°_°)



1254

1255

中もこれまた喫茶店という感じではなく
「スタジオにしか見えないんですけど・・・」というと
「スタジオですよ」と、ケロっと返ってきました
デスヨネーっ(^_^;)

店主さんの本業は広告写真家だそうで
コミュニケーションツールとして珈琲店という
形をとったのだそうな



1256

ずらっと珈琲豆

お客さんから好みの珈琲の味とかイメージを聞いて
その場でレシピを考えて淹れてくれるんだそうです



1258

石臼でご~りご~り
で、刷毛で珈琲豆をさらう
左官屋さんの仕事を見てるようだ
しつこいようだけど、珈琲店だよね、ここ・・・



1259

さすがにアーティストなだけあって
珈琲へのこだわりが半端ないです
左官屋さんに次いで
なんか理科の実験でも見てる気分でした
ビーカーとかあるし(笑)



1261

チョコレートと一緒に
美味しいコーヒーをいただきました

メニューがなかったので
「おいくらですか?」と聞くと
「無料ですよ」とびっくりなことをおっしゃいます(゚д゚)
「えぇぇぇっ! 手間のかかった美味しいコーヒーを
いただいたのですから、さすがにタダというのは申し訳ないです!」と
言うと、「ではカンパでという形で」とのことでしたので
相場のお代を置いて、おいとまいたしました(*^_^*)


深まるタンザニア愛

1231

1236


深いバイカラーがとても美しい、クロム含有のトルマリンです。
クロムトルマリン、ずっと欲しかったんですよね~。
出来るコ、タンザニアくんから最近産出されたものだそうです。
ガーネット、コランダム、スピネル、タンザナイト、水晶などなど、
ことごとく好みの形状やカラーで披露してくれるタンザニアくんは
最終兵器ともいうべきトルマリンも、がっつり好みど真ん中の
色合いで登場させてくれました。
マジ、リスペクトっす!タンザニアさん!←DQNか、私は(=∀=)


1237

1239

Tanzania


キーズさんの内覧会

2月18日にキーズさんの内覧会に行ってきました。

ひどい風邪をひいてしまっていたので当日行けるか
心配だったのですが、なんとか回復して行けたものの
久しぶりにお会いした石友さん全員が風邪ひいてました(笑)
この冬、寒すぎぃ!
オリンピックもリアルタイムで全然観れてないぃ!

というわけで、こちらの美結晶、その内覧会で
購入いたしました↓

1198

1199

1201


ナイジェリア産のスペサルティン(満ばん柘榴石)です。
写真ではわかりづらいかもしれませんが
スぺサルティンでここまで明るいビタミンカラーのオレンジ色って
初めて見ました。
言い方悪いんですけど、偽物みたいな不自然なまでの明るさで
すっごく体に悪そうな毒々しいくらいの蛍光色なんですよ~。
びっくりしました。
インクルージョンもほとんどなくて、結晶面も気色悪いくらい
キレイです。
母岩付きのスフェーンの標本とどっちにしようか最後まで悩んで
結局こちらにしましたが、スフェーンの方もあきらめつかなくて
お取り置きをお願いしておきました。
一度に両方買えない小市民の悲しいところでございます。


1203

1204

Oyo State Nigeria


あと、この古い凶器のような変なコ(笑)↓

1207

錆びた鈍器に銀紙が巻いてあるみたい~^^;
ベレムナイトにパイライトが巻きついたおもしろい
形状です。
キーズさんが「つい買ってしもたもの」シリーズの
ひとつだそうです(笑)



1206

なんでこんな形状になるのか不思議だけど
すっごく魅力的。魅力的ではありますが、
お邪魔していきなり、「これこれ」とキーズさんに手渡され、
「え? え? なんで?」と、ワケわからず、困惑
いや、あの、たしかにすごく好みではありますが、ズラーっと並ぶ
美結晶軍団の中からあえてコレを一番に選ぶほど
そこまでヘンなもん好きってわけでもないのですが・・・((´・ω・`;))

とか言ってたら、こやまさんに
「けっこうヘンなもん選んでるイメージありますよ」とサクっと
突っ込まれてしまい
今年はそんなヘンなイメージを払拭して
美結晶好きだというアピールを存分にしなければ・・・と
心に誓いました。

で、上の美しいスペサルティンを持ってお会計しに行ったら
このベレムナイトもおまけに一緒に箱に詰めてくださったのです!
えぇぇぇ~!
なんかめっちゃ嬉しいっ!やっぱヘン好きでもいいーっ(笑)

キーズさま、ありがとうございました(*^_^*)


三角山のオパールさん


IMG_0820_convert_20180128193952.jpg

0818


ネバダ産のオパールです。
2~3年ほど前に念願のネバダのウッドオパールをようやく一つゲットした直後に
なんか立て続けにちょこちょこ見かける機会がありまして
その時に追加でふたつほど購入しました。
(こういうパターン結構多いです、最初の一個はなかなかつかまえられないのになぁ~^^;)
写真ではわかりづらいですが、このオパールも遊色がとっても贅沢で美しいです。
現在、私のスマホの壁紙はこの子でございます(笑)


0824

0825

Rainbow Ridge mine Virgin velley Nevada



サディスティック・ミカバンドの曲を映像つきで聴きたくなって
動画サイトを検索していたら
ROLLYさんがカバーしてる「タイムマシンにおねがい」に
飛んでしまい、その流れでこの曲にも行きついてしまった・・・



歌い方も
パフォーマンスも
全力でナメきってるのに
無駄にクオリティ高くて、相変わらず気持ち悪い
ROLLYさんが好きです(笑)

運転席の羽田さんの表情も じわるwwww

ロビンのカバーアルバムのPVでも
後ろでROLLYらしき人がギター弾いてるし
谷山浩子さんを検索してみりゃ、ダリみたいな扮装でコラボしてるし
行く先々でROLLY出没率が高いような気がします^^;

大昔、なんかの番組で
「レターマン」のタイトルが最初は「ロドリゲスの手紙」だったって言ってて
絶対にそっちのタイトルのがよかったのにーって思ってました
(事情があって変更せざるをえなかったみたいですけど)
そういうセンスいいですよね、ROLLYさんって

変態ちっくだけど(笑)


プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
愛猫はなとの生活を16年でピリオド。
はなバカだったので
当分寂しい一人暮らしになりそうです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム